一戸建て住宅の模型は作った方がいい

一戸建て住宅を注文住宅で建てるのでしたら、できることならば家の模型を作った方がいいですよ。とはいえ、私の建てた一戸建て住宅では模型は作っていないのです。友達の一戸建て住宅が模型を作っているのですよね。

友達の建てた一戸建て住宅は、ステップフロアで空間を仕切る造りになっていたりと、少し変わった造りになっています。また、本棚を壁がわりに設置したりと、壁でがっつり仕切るのではなく、造作家具などでも仕切りを作っているのですよね。だからこそ、一戸建て住宅の模型を作ったそうです。

一戸建て住宅の模型を作ると、どのように空間を使うのかが把握できて良いということです。また、それぞれのスペースの広さもなんとなくでもわかるそうです。逆にいえば、図面からではわかりづらいということで、わざわざ一戸建て住宅の模型を作ったそうです。

けれど、一戸建て住宅の模型を作って正解だったそうで、模型を作ったことにより、空間の広さを把握して手直しをすることができたそうです。ですから我が家にしても、一戸建て住宅の模型を作れば良かったなーと思いますね。実際に家を建ててみて「あ、ここ狭いー」と思うところもありますので。